盆栽士のテキストと過去問はある?試験の難易度は高い?

盆栽士のテキストと過去問はある?試験の難易度は高い?

盆栽の手入れや選び方、買い方などの知識を有していることを証明する資格「盆栽士」の難易度、テキスト、過去問についてご紹介します。

諒設計アーキテクトラーニング資格証明書
諒設計アーキテクトラーニング資格証明書
かおる
難易度は高くないものの、テキストと過去問が手に入らないことから、諒設計アーキテクトラーニング通信講座の受講をおすすめします。
私も諒設計アーキテクトラーニング通信講座を受講して資格を取得しました。
\挑戦の夏にしよう/
\試験免除で2資格取得できる/

盆栽士の試験概要

盆栽士とは?
盆栽士として、盆栽の基礎的な知識を有していることを認定されます。
例えば、盆栽の歴史、盆栽に使う樹種の知識、海外での盆栽のあり方、盆栽に使われる土・鉢・肥料・苔・灌水・剪定の種類や剪定を行う季節・針金かけ・植え替え・菜摘みの種類や樹種ごとの菜摘みの方法・葉刈り・病害虫の種類と対策・月別の管理方法・盆栽用語などの知識を有していることが証明されます。また、盆栽の手入れだけではなく、盆栽の選び方・買い方などの知識を有していることも証明されます。
資格取得後は、盆栽士として活躍でき、自宅やカルチャースクールなどで講師活動ができます。
引用:日本デザインプランナー協会

受験資格なし
受験料10,000円(税込)
試験日程年6回(偶数月中旬)
受験方法在宅
合格基準70%以上の評価
合否発表試験から約1ヶ月〜2ヶ月後

盆栽士のテキストと過去問はある?試験の難易度は高い?

盆栽士のテキスト・過去問・試験・難易度

盆栽士を主催する日本デザインプランナー協会は、試験対策に使うテキストと過去問を公開していません。

試験の合格基準は7割以上の正答率ということで、難易度はそこまで高くないものの、テキストと過去問なしではまともな独学ができないことが予想できますね。

インターネットでも情報があまりありませんし、もし情報を見つけたとしても試験に沿った正しい内容か判断がつきません。

わからないことだらけの中で、質問・相談する相手がいないことも独学のデメリットです。

忙しい毎日のスキマ時間を使って取得を目指したい方は、試験対策テキストと問題集を基に学習できる諒設計アーキテクトラーニング通信講座の受講をおすすめします。

諒設計アーキテクトラーニングは、W資格講座のため、盆栽士と苔玉士の2資格を同時に取得することも可能です。

苔玉士とは?
苔玉士として、苔玉の作り方、苔玉を作る際に使う道具の種類と使い方などの知識を有していることを認定されます。
季節ごとに最適な苔玉の置き場所、苔玉に使用する肥料の知識、苔玉や盆栽に最適な樹種「黒松、五葉松、マスギ、イチョウ、ケヤキ、紅葉、梅、桜、藤、グミ、ビナンカズラ、マユミ」などの特徴・管理場所・灌水・施肥・月ごとにどのような手入れを行うかといった知識を有していることが証明されます。
資格取得後は、苔玉士として活躍でき、自宅やカルチャースクールなどで講師活動ができます。
引用:日本インストラクター技術協会

かおる
最短1ヶ月で2資格取得することも可能です!
\挑戦の夏にしよう/
\試験免除で2資格取得できる/

盆栽士通信講座の流れ

盆栽士通信講座の流れ
  1. プロ監修テキストで勉強する
  2. わからないことがあれば専属スタッフにメールで相談する
  3. 練習問題を解いてどの程度理解できるかを知る
  4. 添削課題を解いてスクールに郵送する
  5. 資格試験本番にチャレンジする

諒設計アーキテクトラーニング通信講座は、プロが監修したオリジナルテキストと練習問題、添削課題を基に効率良く学習できます。

テキストを読んでわからないことがあれば、専用フォームからいつでも担当者に質問できるため、独学と違い1人で悩み続ける心配はありません。

諒設計アーキテクトラーニングは、基本講座とスペシャル講座の2つの講座を用意しています(どちらか選択する)

基本講座は計5回の添削課題の提出を終えると資格試験に受験しますが、資格取得が保証されているスペシャル講座は試験の受験が免除となり、卒業と同時に盆栽士と苔玉士の2資格を取得できます。

かおる
確実に取得したい方、短期間で取得したい方、試験のプレッシャーを感じたくない方は、スペシャル講座の受講をおすすめします。

盆栽士通信講座の口コミ

良い口コミ
老後の趣味として盆栽を始めたいと思っていたのですが、周りに詳しい人がいないのでこちらの講座を申し込みました。道具の使い方からお手入れの方法まで、詳しくかつ丁寧に書いてあったので、楽しく学ぶことがでました。趣味を極めることができ、大変嬉しく思います。
良い口コミ
かんたんに学べる盆栽の講座を探していて、この講座に出会いました。とてもわかりやすいテキストだったので、この講座を受講して良かったと思っています。今後は盆栽だけでなく、苔玉作りにも挑戦したいです。
良い口コミ
テレビで若い盆栽職人さんをみたりして、盆栽や苔に興味を持っていました。身近ではない盆栽ですが、実はものすごく奥が深いことがわかりました。この講座を受講して、和の心を学ぶいい機会になったと思っています。
良い口コミ
盆栽とか苔玉とかすごく好きでした。まさか自分でやるとはおもっていませんでしたが!実際受講してみると盆栽の見方が変わってより愛情がわくようになりました。とても充実した講座でした!

まとめ

盆栽士まとめ
  • 盆栽士のテキストと過去問は非公開
  • 独学での取得は難しい可能性がある
  • 試験対策テキストと問題集は諒設計アーキテクトラーニング通信講座で手に入る
  • スペシャル講座は資格試験の受験が免除
  • W資格講座のため、盆栽士と苔玉士の2資格を同時に取得できる
\挑戦の夏にしよう/
\試験免除で2資格取得できる/

癒やしを与える商品を紹介するブログ