キャンドルデザイナーの過去問とテキストは?勉強方法と難易度を解説

キャンドルデザイナーの過去問とテキストは?勉強方法と難易度を解説

キャンドル製作の材料、基礎的な技法などを認定する資格「キャンドルデザイナー」の勉強方法、テキストについてご紹介します。

結論から申し上げますと、テキストが手に入らないため、独学での勉強は効率が悪いと言えます。

諒設計アーキテクトラーニング資格証明書
諒設計アーキテクトラーニング資格証明書
かおる
効率良い1ヶ月程度で取得したい方は諒設計アーキテクトラーニング通信講座の受講をおすすめします。
私も諒設計アーキテクトラーニング通信講座を受講して資格を取得しました。
\挑戦の夏にしよう/
\試験免除で2資格取得できる/

キャンドルデザイナー試験概要

キャンデルデザイナーとは?
キャンドルデザイナーの資格はキャンドル製作に必要な知識、技術のレベルが一定以上である事を証明する資格となります。試験ではキャンドル製作の材料や各種キャンドルの特徴、製作の工程などが問われます。
引用:日本デザインプランナー協会

試験概要
受験資格なし
受験料10,000円(税込)
試験日程年6回(偶数月中旬)
受験方法在宅
合格基準70%以上の評価
合否発表試験から約1ヶ月〜2ヶ月後

キャンドルデザイナーの過去問とテキストは?勉強方法と難易度を解説

キャンドルデザイナーの過去問、テキスト、勉強方法、難易度

キャンドルデザイナーを主催する日本デザインプランナー協会は、過去問とテキストを非公開としています。

独学での受験を考える方が多数いらっしゃると思いますが、過去問とテキストなしの取得が難しいことは誰の目にも明らかです。

ネットで情報を収集しても、その情報が出題範囲に沿った内容かも判別できません。

わからないことがあっても、質問・相談できる相手がいないことも独学のデメリットです。

毎日限られたスキマ時間を活用して短期間で資格を取得したい方は、諒設計アーキテクトラーニング通信講座の受講をおすすめします。

かおる
諒設計アーキテクトラーニング通信講座は試験対策テキストや練習問題を用意しています。
1日30分程度のスキマ時間を使って学習できます。
\挑戦の夏にしよう/
\試験免除で2資格取得できる/

キャンドルデザイナー通信講座の流れ

通信講座の流れ
  1. オリジナルテキストで知識を身につける
  2. テキストでわからない部分は質問する
  3. 練習問題を解いて知識を深める
  4. 添削課題を解いて提出する(計5回)

通信講座は、プロが監修したオリジナルテキスト、練習問題、添削課題を用意しているため、短時間でも効率よく学習できます。

わからない部分があれば、いつでも専属スタッフに質問できるので、独学とは違い1人で悩み続ける必要がないこともメリットです。

諒設計アーキテクトラーニングは、基本講座とスペシャル講座の2つのコースからどちらかを選択します。

基本講座は添削課題の提出を終えると資格試験を受験するのに対し、資格保証のスペシャル講座は資格試験の受験が免除になります。

また、諒設計アーキテクトラーニングはW資格講座のため、1つの講座でキャンドルデザイナーとキャンドルアーティストの2資格を同時取得できるところが魅力です。

かおる
取得までに時間をかけたくない方、受験に重圧を感じたくない方は、スペシャル講座の受講をおすすめします。

キャンドルアーティストとは、ベーシックキャンドル(ラウンド・スクエア・コーン・ボール・テーパー・スパイラル等)、フローティングキャンドル、カップキャンドル、グラスキャンドル、モチーフキャンドル、アロマキャンドルなどの技術を習得しインストラクターとして他者に教える事が可能だと判断したものに授与される資格です。また、資格取得後は講師活動が行えるようになります。
引用:日本インストラクター技術協会

キャンドルデザイナー通信講座の口コミ

良い口コミ
キャンドルが好きで、色々なキャンドルを見つけては集めていたのですが、こだわりが強くなっていき、自分で作りたいと思うようになり受講しました。教材はとっても分かりやすいし、自分の好きなキャンドルが作れるようになり、周りにプレゼントすることもできるようになりました!みんなとっても喜んでくれるのでこれからもたくさん作りたいです!
良い口コミ
元々趣味でキャンドル作りをしていたのですが、YOUTUBEなどの動画を参考に見よう見まねだったのでイメージとは程遠い者が出来上がったりとかして・・・。この講座で基礎から製作の技法を学び、イメージに近いものが出来たときは本当にうれしかったです。学んだことを活かしてもっと極めていきたいです。
良い口コミ
自分の家におしゃれに飾れるようなキャンドルの作り方を一から丁寧に教えて頂けます。作り方もそれほど難しくないので、早速自宅で試そうという気持ちになりました。
良い口コミ
幻想的なキャンドルに資格があることを知り、急いで資格取得講座を受講させて頂きました。思っていたより、キャンドルについてしっかりと考えられていて大変勉強になりました。

まとめ

キャンドルデザイナーまとめ
  • キャンドルデザイナーの過去問とテキストは非公開、独学での取得は難しい可能性がある
  • 試験対策テキスト、練習問題は諒設計アーキテクトラーニング通信講座で用意している
  • スペシャル講座は資格試験の受験が免除される
  • W資格講座のため、キャンドルデザイナーとキャンドルアーティストの2資格を取得可能
\挑戦の夏にしよう/
\試験免除で2資格取得できる/

癒やしを与える商品を紹介するブログ