住まいアドバイザーの過去問とテキストはある?難易度が高く独学向きではない?

住まいアドバイザーの過去問とテキストはある?難易度が高く独学向きではない?

住まいに関する基本知識をはじめ、建物に関する幅広い知識を有し情報を与えることができる資格「住まいアドバイザー」の過去問、テキスト、難易度についてご紹介します。

諒設計アーキテクトラーニング資格証明書
諒設計アーキテクトラーニング資格証明書
かおる
はじめに結論をお伝えすると、過去問・テキストは非公開のため、しっかりとした知識を得ながら効率よく住まいアドバイザーを取得したい方は諒設計アーキテクトラーニング通信講座の受講をおすすめします。
私も諒設計アーキテクトラーニング通信講座を受講して資格を取得しました。
\挑戦の夏にしよう/
\試験免除で2資格取得できる/

住まいアドバイザー試験概要

住まいアドバイザーとは
住まいアドバイザーは建物全体に関する深い知識を持ち、それを使ってアドバイスをすることができる仕事です。住居を建てたい人やリフォームを考えている人、その他自宅に関する何らかの悩みを抱えている人に対して、有益な情報を与えることができるでしょう。
住まいアドバイザーは専門的な要素を多く含んだ資格であるため、就職時には多くの知識とスキルの所持が求められます。効率良く必要な能力を手にするためにも、専門資格の勉強は進めておくべきでしょう。住まいアドバイザーの資格があれば、就職が有利に運ぶだけでなく、その後の仕事もスマートに行うことができます。

試験概要
受験資格なし
受験料10,000円(税込)
試験日程年6回(偶数月中旬)
受験方法在宅
合格基準70%以上の評価
合否発表試験から約1ヶ月〜2ヶ月後

住まいアドバイザーの過去問とテキストはある?難易度が高く独学向きではない?

住まいアドバイザーの過去問、テキスト、難易度、独学

住まいアドバイザーを主催している日本生活環境支援協会は、テキストと過去問は公開していません。

合格基準は70%以上の評価と、難易度的には高くないものの、テキストと過去問がない独学での取得が難しいことは誰の目にも明らかです。

住まいに関する書籍やネットでの情報収集することもできますが、試験対策用に作成されたものではないため、学習の効率が悪くなってしまいます。

どうしてもわからない部分があっても、相談する相手がいないことも独学のデメリットです。

隙間時間を有効的に使いながら住まいアドバイザーを取得したい方は、諒設計アーキテクトラーニング通信講座の受講をおすすめします。

諒設計アーキテクトラーニングはW資格講座のため、住まいアドバイザーと建築材料インストラクターの2資格を同時に取得することができます。

建築材料インストラクターとは
建築材料インストラクターとは、構造用材 (木材,石材,コンクリート,鉄鋼など) ,内外装仕上げ材 (築壁材,床材,屋根材,各種ボード,建具,建築用金物など) ,性能維持材 (シール材,断熱材,吸音材,防水用材など) で,素材の種類としては木材,セメント,粘土,金属などがあり,その材料を理解したものに授与される。また、資格取得後は講師活動が行えるようになります。
引用:日本インストラクター技術協会

かおる
諒設計アーキテクトラーニング通信講座は試験対策テキストや練習問題を用意しています。
最短1ヶ月で住まいアドバイザーの取得が可能です。
\挑戦の夏にしよう/
\試験免除で2資格取得できる/

住まいアドバイザー通信講座の流れ

通信講座の流れ
  1. オリジナルテキストで知識を学ぶ
  2. 不明な点はメールで質問する
  3. 練習問題を解いて理解を深める
  4. 添削課題を提出する
  5. 資格試験に挑戦する

諒設計アーキテクトラーニングでは、専門家が監修したオリジナルテキスト、練習問題、添削課題を使用し、正しい知識を効率的に学ぶことができます。

独学ではわからない部分を放置してしまいがちですが、通信講座なら専属スタッフに質問でき疑問を解消しながら学習できることがメリットです。

諒設計アーキテクトラーニングでは、基本講座とスペシャル講座の2つのコースのうちどちらかを選択できます。

基本講座は全5回の添削課題提出後に試験資格を受験しますが、資格取得保証のスペシャル講座は資格試験の受験が免除となり、卒業と同時に住まいアドバイザーと建築材料インストラクターの2資格を取得できます。

確実に1度で取得したい方、忙しい毎日の中で受験を重荷に感じてしまう方は、スペシャル講座の受講をおすすめします。

住まいアドバイザー通信講座の口コミ

良い口コミ
不動産の仕事をしていて、もっと住まいの知識を得たいと思い受講しました!
難しい内容と覚悟していましたが、教材にはとっても分かりやすく丁寧に書かれていて楽しく学ぶことができました!
良い口コミ
住宅メーカーに勤めており、仕事の幅を広げるために資格を取りました。
住まいアドバイザーの資格を取ったので、自信をもって新築を建てるお客様などに丁寧な提案ができるようになってきました。
家は何十年も暮らす場所ですから、資材など安心安全なものをお客様に提供したいという思いも、より一層強くなりました。
良い口コミ
念願の一戸建てを購入してから15年余りがたち、そろそろ傷んだ部分の修繕が必要な時期になりました。
でも胡散臭い業者さんが多いし、有名な建築会社に頼むと莫大な費用を請求されると聞き、それなら専門知識を身に着けようと、住まいアドバイザー資格習得講座で資格を得ました。
おかげさまでリフォームに使う材料などの指定をして、健康に害がなく、適正な値段で仕事を頼むことができました。
今では資格とリフォームの経験を活かし、近所の不動産会社でアドバイザーとして働かせてもらっています。
良い口コミ
建築材料について、それぞれ原材料、機能、デザインなどといったいろいろな方面から多岐にわたり学習することができました。
覚える知識もたくさんありましたが、わかりやすいテキストで、勉強をスムーズにすすめることができました。
専属スタッフにメールで質問でき、ていねいに回答してもらえたのもよかったです。

まとめ

住まいアドバイザーまとめ
  • 住まいアドバイザーの過去問とテキストは非公開のため、独学での取得は難しい可能性がある
  • 試験対策テキストや練習問題は諒設計アーキテクトラーニング通信講座で手に入る
  • スペシャル講座は資格試験の受験を免除される
  • W資格講座のため、住まいアドバイザーと建築材料インストラクターの2資格を同時に取得できる
\挑戦の夏にしよう/
\試験免除で2資格取得できる/

癒やしを与える商品を紹介するブログ